企業チャンネル

混合汚泥用ヴァルートが遂に登場[アムコン株式会社]

汚泥処理機械の開発、製造、販売、マンション水廻り総合サービス、計量証明事業

 アムコンのヴァルート(多重円板外胴型スクリュープレス)汚泥脱水機は、革新的な機構と高い環境性能により、国内外で大変ご好評を頂いております。納入先は小規模下水道施設や各種工場廃水処理施設など多岐に渡っており1300台の納入実績を誇っています。このヴァルート汚泥脱水機に、中~大規模下水処理施設向け「混合汚泥用 EMS型」が加わりました。

ヴァルート脱水機EMS型の特徴

amcon1.jpg

「ヴァルート脱水機EMS型」

 ・汚泥の前濃縮が不要
  従来方式の脱水機は「濃縮してから脱水する」というのが常識でした。ヴァルートは機内に濃縮機能を内包するため、濃縮工程を経ずに低濃度汚泥を直接脱水可能。脱水前の濃縮設備は不要となります。

 ・汚泥処理に関わる消費電力を90%削減※
  ヴァルートは消費電力が小さく、また濃縮設備も不要となるため、汚泥処理に関わる消費電力を従来比90%削減できました。

汚泥処理に関わる消費電力を大幅削減

amcon2.jpg

「実証実験時の汚泥処理フロー」

 小規模下水処理場で濃縮工程省略の実績を持つアムコンでは、2006年5月より約3年間標準活性汚泥法の処理場で実証実験を行ってきました。その結果、従来方式と比較して消費電力は約90%、CO2排出量は2分の1、トータルライフサイクルコストは約36%削減できることが明らかになりました。
 ヴァルート脱水機EMS型は、大規模下水処理場で多く採用される標準活性汚泥法の処理過程から発生する混合汚泥の脱水に特化して開発されており、混合汚泥を安定的に処理することが可能です。脱水性能は、汚泥含水率78%以下、回収率95%以上、固形物処理量360kg―DS/h以上を確保しています。処理量あたりの消費電力は既存設備(遠心濃縮機+ベルトプレス脱水機)の81.8kWから、7kWとなり約90%の削減を実現しました。

会社名
アムコン株式会社
代表者名
佐々木 昌一
所在地
〒223-0057 神奈川県横浜市港北区新羽町1926
電話
45-540-8585
FAX
045-540-8588
従業員数
 
資本金
8,000万円
URL
http://www.amcon.co.jp/